フェイスリフトの2種類の手術方法とは?

フェイスリフトの手術をお考えの方は、まずどのような手術方法があるのかを事前に調べられることをお勧めします。またご自身がどのような施術を受けたいのか気持ちをある程度固められてから美容外科の門をたたくとよいでしょう。

フェイスリフトの手術方法は大まかに2種類あります。
一つは切開法と言ってたるんだ皮膚を切開し引き上げてから縫合をする方法です。こちらは持続性は高いのですが、手術時間に一時間程度、また入院期間や傷口が癒えるまで日常生活において支障が出ることが考えられます。

もうひとつの方法は、糸を顔に埋入してたるんだ皮膚を引き上げる方法です。針や糸は医療用のものを使い、溶けるものを用いますので抜糸などのリスクはありません。また施術後翌日からメイクなども可能になります。

糸は体内で溶けていきますので、術後数カ月程度で効果はなくなってしまうというリスクもあります。また24金で造られた糸を用いた持続性が高いフェイスリフトの糸埋入術もあります。

美容外科ごとに様々な特色を出した手術法がありますので。口コミなどを参考にしながらあなたにとって納得のできる方法を見つけられるとよいですね。

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ